TAKAHASHI DESIGN ARCHITECTURE OFFICE

お気軽にお問い合わせください

084-944-8211

受付時間/8:30〜17:30 定休/水曜日

お客様の声VOICE


細部までカラーを統一することでワンランク上のインテリアに!家族それぞれのライフスタイルを尊重した二世帯住宅

ー家づくりを考えはじめたきっかけを教えてください。
お母さま:もともと私たち夫婦は築30年の家に住んでおり、息子家族は離れたアパートに住んでいました。主人は今後のことを考えて、そろそろリノベーションをしようと言っていたんですが、私の方がなかなか踏み切れなくてしぶっていたんです。そんな時に、息子が二世帯住宅を建てようという話をもちかけてきました。これは主人が決断できない私に対して、息子の口から言わせたというのが真相なんですが(笑)。

お父さま:息子もいつまでもアパートに家賃を払い続けるよりも、自分の家をもった方がいいと思っていたんです。

お母さま:最初は住んでいた家のリノベーションを検討しましたが、二世帯住宅となると思うような間取りにもしずらいでしょう。なのでいっそ建替えて理想の家にしようと、髙橋さんに相談しました。

ー髙橋デザイン建築事務所はどこでお知りになりましたか?
お母さま:6年ほど前ですね。隣の田んぼに娘夫婦が家を建てることになり、その造成工事を手がけてくれた主人の友人の紹介で、髙橋デザイン建築事務所を知りました。彼自身も彼の娘さんも髙橋さんに家を建ててもらったんですよ。

ー髙橋デザイン建築事務所を採用した決め手はなんでしたか?
お母さま:娘の家づくりでの対応が気に入っていたことに加え、やはり人となりを知っている人なので安心できるというのも大きかったです。私たち夫婦は最初から髙橋さんで決めていましたが、ここは施主が息子になるので、決断を委ねつつもちょっと気が気じゃなかったですね。息子は他社さんとも話を進めていたんですが、プラン提案の時に髙橋さんが心をぐいっと掴んでくださってほっとしました。

施主さま:母の言うように他社でも検討していたんですが、社長さんの人柄と家づくりに対する思いに惹かれて、最終的に髙橋デザイン建築事務所を選びました。

ー家づくりで希望したポイントは?

お母さま:そう遠くない老後を考えて、車椅子でも動けるよう玄関や廊下をできるだけ広く、出入り口は引き戸にしてもらいました。また今後手すりを設置することを考え、あらかじめ壁に補強をしてもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは主人が許せる範囲で私の自由に考えさせてもらいました。全体的にカラーを統一しており、主人が気に入ったグレーの壁紙をベースカラーに、差し色に濃いめのネイビーやグリーン、ブラックを使い、渋いイメージにしてもらっています。フローリングもシルバーオークというカラーを主人が気に入って選んだんですが、あまり展示していない商品だったので最後は冒険でした。でもこの決断は本当に正解で、今でも良かったねって言い合っています。

 

畳のある部屋は、孫がよく泊まるので間仕切りで仕切れるようになっています。この間仕切りは最初普通の建具って感じのものだったんですが、それじゃあちょっとつまらないと悩んでいたら、担当の井上さんが「これはどうですか?」と提案してくれて、もう一目惚れでした。障子のように光が穏やかに抜けるので、孫たちも「旅館に泊まってるみたい」って絶賛です。

 

施主さま:広いリビングと、それぞれの家族が気を使わずに生活することが希望でした。なので1階が両親のスペース、2階が私たち家族のスペースと、玄関から完全分離した二世帯住宅になっています。

キッチンは開放感を感じさせるペニンシュラ型に。子どもが大きくなってもプライベートが確保できる間取りにもこだわりました。インテリアのカラーは白をベースに、薄いグレー、ネイビーで統一。特に合わせたつもりはなかったんですが、両親が考えた1階と色使いが近く、それよりも明るい雰囲気になっています。

 

 

ー気にいっている場所はどこですか?

お父さま:全体的に気に入っているけど、ひとつあげるならば和室かな。また、リビングのソファに座って、ビールをプシュッと開けてテレビを見る。これも最高です。

 

お母さま:私も全部ですが、やって良かったと思っているのは実はトイレです。アクセントにしたタイルのデザインが素敵だし、細長い窓から自然の光が入ってきて、とてもムードがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

また髙橋さんが提案してくれた設置したテラスも気に入っています。最初はただ細長い縁側のようなスタイルを想像してたんですが、もっと前に突き出して広々とした空間にした方がいいでしょうって。ウッドデッキじゃなくて石のタイルになったのは主人がこだわった部分ですね。リビングと一体感があるので、主人と2人で食事をしたり、バーベキューをしたり、色々楽しめそうです。

 

施主さま:リビングですね。ソファで座っているのが好きで、リラックスしてお酒飲んでテレビ見ているのが一番です。

 

 

 

 

 

 

奥さま:キッチンは私の希望のネイビーにしてもらいました。これは気に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー以前と生活はどのように変わりましたか?

施主さま:以前はアパートだったので、色々な面で生活はかなり変わりました。一番は子どもとしっかり遊んでやれるようになったことですね。

 

お母さま:建替えの時に不要な物をすべて処分したので、家がすっきりとしました。なにもかもが新しく快適です。

 

ー髙橋デザイン建築事務所の仕事はいかがでしたか?

施主さま:どたんばになって変更や無理な注文もしましたが、全てに応えてくださり、本当に良い家ができました。収納をもっと増やしては?と提案していただき、廊下や階段上にも収納をプラスしてくれました。これがなかったらちょっと困っていたかもしれないですね。細いところまで一緒に考えてくれて的確にアドバイスをもらって感謝しています。

 

お母さま:もともと私と息子が考えた間取りを元に、担当の井上さんがいろいろアイデアを出してくれて、より良い間取りになりました。気が変わることも多くて苦労したと思うのですが、井上さんが気持ちよく受けとめてくださり、可能な限り叶えてくれました。もう井上さんのおかげです。