TAKAHASHI DESIGN ARCHITECTURE OFFICE

お気軽にお問い合わせください

084-944-8211

受付時間/8:30〜17:30 定休/水曜日

VOICEお客様の声


限られた土地を多彩なアイデアで快適な住まいに!爽やかな風が通る心地よい生活がスタート

ー家づくりを考えはじめたきっかけを教えてください。

二人目の子どもが生まれ、これまで暮らしていたアパートが手狭に感じはじめたのがきっかけです。上の子も小学生になると、家で勉強するなど生活が変化し、さすがに今の環境ではいけないと思うように。広いアパートへ住み替えてもよかったんですが、場所柄あまり物件に選択肢もありません。小学校の学区も変えたくないし、もう新築の家を建てるしかないと決意しました。現在家が建っている土地は、両親が近所の方に駐車スペースとして借りていた土地でした。僕自身もとても良くしてもらい、そのご縁からここで家づくりをする流れになったんです。

 

ー髙橋デザイン建築事務所はどこでお知りになりましたか?

インターネットで福山市の工務店を検索し、ホームページを見つけました。建築予定地は、一般的な分譲地と比べて、形もサイズも変わり種。だから、まずこの場所が建築可能か意見を聞く必要がありました。そこで狭小住宅など、ちょっと変わった家づくりにも対応してくれそうな会社を探していたところ、出会ったのが髙橋デザイン建築事務所です。大手ハウスメーカーだと、予算的にはもちろん、自分たちが考えるプランにも合わないだろうし、あまり濃い営業をかけられるても対応しきれない。「自分たちのペースで家づくりができる会社」が選ぶ基準でしたが、その点こちらは理想に近い感じがして、問い合わせのメールを送りました。

 

ー髙橋デザイン建築事務所を採用した決め手はなんでしたか?

規模も小さく形状も変則的な土地なので、会社にとってはあまり嬉しいお客さんではなかったでしょう。しかし最初から親身になって話を聞いてくださり、良いものを作りたいという熱意が伝わってきました。会社全体の雰囲気もゆったりしており、それが自分たちの性格に合うと感じたのも大きかったですね。最初にお伝えした予算を踏まえつつ、最大限の提案をしていただいたことが、最終的な決め手になったと思います。

やたらと良いことばかりを言われると逆にひいてしまうことってありますよね?これは家づくりがスタートしてからの話ですが、こちらのリクエストに対して「その案はマイナスの方が大きいですよ」と遠慮なく言ってくれるところに好感をもちました。言われたことを何でもやるのではなく、プロとしてメリットとデメリットを正直に伝えてくれる。全てこちら任せではなく、お互いがプランを練り、二人三脚で家づくりをしていることが実感できました。

 

ー家づくりにはどんな希望がありましたか?

まずは1階リビングの形状ですね。キッチン側から全てが見渡せる、シンプルな長方形を希望しました。限られた面積でも圧迫感を感じないよう、白をメインにしたシンプルなインテリアにしています。

また実家の家づくりを参考に、風通しにはこだわりました。土地柄、山から海に向けて風が通るのですが、実家は風向きと窓の位置が合っておらず「無駄に扇風機をつけないといけない」とよく聞かされていました。そのため、風向きに合わせた窓の位置は、強く希望したことの1つです。

予算が限られているため、バルコニーを思い切ってカットしたのは正解でした。 中途半端にしかお金がかけられないなら使い勝手も中途半端になるし、我が家だとあまり必要ではないと考え、その分を乾燥機付洗濯機の購入にかけたんです。物干し場がない変わりに、リビングの天井にアイアンのフレームを設置しました。これは、室内トレーニング用の雲梯で話題になった企業にオーダーしたんですが、艶消しブラック塗装でなにもかけていない時も格好がつくんです。これは我が家で一二を争うほど、「やって良かったこと」のひとつですね。掃き出し窓の前にあるので風が当たるし、エアコンが横にあるので冬場もすぐ洗濯物が乾きます。

またコロナ禍でリモート学習が一般的になってきたことから、全室に有線LANポートをつけているのも希望したことです。無線だとやはり回線が不安定になるので。コンセントも至るところにつけてもらいました。下の子が小さいので、見えない場所で充電できるよう、階段下収納の中にも上下2ヶ所もコンセントを設置してもらってます。

2階は主寝室と子ども部屋2部屋が長い廊下で繋がる間取りになっています。廊下には、家族全員が共有できる壁一面の本棚(ファミリーライブラリー)を設置したもらったのも良かったです!

 

 

 

 

 

ー気にいっている場所はどこですか?

奥さま:やはりキッチンから見るリビングの風景です。長方形の1つの部屋というスタイルがすっきりとしており、子どもたちが食事をしたり、遊んだりする姿も見守れて安心です。

 

 

 

 

 

ご主人さま:同じくリビングです。設計の吉山さんが、こちらが思いつかない所まで考えて設計してくれたことに感動しました。それは扉の部分なんですが、全てダブルストップモーション機能のあるものを採用しているんです。吊り戸には基本搭載されている機能ですが、そのせいで、他の扉も同じ感覚で加減なく開け閉めしてしまうという問題が起こるそう。なので、全ての扉をダブルストップモーション機能付きで揃えてくれていたんです。これは良かったですね。

 

ー以前と生活はどのように変わりましたか?

奥さま:以前はアパートが道路沿いにあったということもあり、外に出るのがちょっと億劫だったんですが、以前と比べてよく外に出るようになりました。

 

ご主人さま:体が楽になりました。アパートの部屋に対して家族4人はさすがに狭くて。道路沿いという場所柄空気も悪く、ずっと体の調子が悪かったんです。今は調子がいいですよ。

しかも壁やサッシの断熱機能のおかげで冬でも暖かいです!

 

ー髙橋デザイン建築事務所の仕事はいかがでしたか?

全てにおいて親身になってくださり、こちらの希望を素早く汲み取って形にしてくれました。気になることがあって連絡すると、「今度行った時に見ます」じゃなくて、可能な限り即座に対応してくれてありがたかったです。現場もいつでも自由に見てくださいと言っていただき、途中経過を何度も見学させてもらいました。安心できるし、誠実さが伝わるなと思いました。